エンジニアたちが持つディレクターへの目標

ゲーム制作の現場では、プログラマーやプランナー、デザイナーなどそれぞれに専門の役割を持ったエンジニアたちが在籍している。さらに彼らの先頭に立って、ゲーム作品を完成に導くのが、ゲームディレクターの役割である。ゲーム開発に携わる各技術者たちはそれぞれの専門の道を究めるか、あるいはゲームディレクターなど上級職を目標にできる。ディレクターとなって開発スタッフを指揮する立場に立つためには、新たな能力を身につける必要がある。ゲームディレクターには、発想力が求められる。ゲームプレイヤーが興味を持てるようなゲーム作品をイメージできるかが強く問われる。また、開発スタッフとのコミュニケーション能力も欠かせない。スタッフと情報交換を行い、意図している内容を的確に伝えられるかどうかが、ゲームディレクターにとって必要な能力である。

さらにゲームディレクターになる事を将来の目標にするのであれば、行動力を身につけなければならない。ゲームディレクターが動かなければ、ゲーム作品の開発プロジェクトは前に進まない。状況を的確に判断し、迅速に行動できるかどうかが問われる。加えて、流行を分析できるかどうかも、ディレクターの素質に関わってくる。ゲームプレイヤーたちの趣向の変化を理解し、ニーズにあったゲーム作品が開発できるかどうかが、プロジェクトの成功に関わる。プレイヤーがどのようなゲームを求めているのか察知できる能力があれば、ゲームディレクターとして活躍できる素質がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です