ゲーム制作のプログラムエンジニアのスキル

ゲーム制作には、複数のエンジニアたちがチームを組んで開発を進めるのが一般的である。その中でプログラマーは、ゲームのインタラクティブな挙動を作り出すための重要な役割を担当する。ゲーム開発が成功するかどうかは、プログラマーの手腕に頼る部分も大きい。ゲーム業界では伝説的なプログラマーの話もあり、開発現場での存在感は大きい。プログラミングのゲームエンジニアになるため、仕事で求められるスキルをまず知る必要がある。ソフトウェア開発とプログラミング言語は、密接な関係にある。かつてはゲーム機のハードウェアを直接制御するため、アセンブラが多用された。コンピューターの情報処理能力が低かった時代には、ハードウェアの能力を最大限に引き出す必要があった。そのためプログラマーには、複雑なアセンブラを理解するスキルが必要であった。

しかしその後、人間が理解しやすい高級言語が主にゲーム開発では用いられるようになる。またゲームのプログラムが大規模化したため、大規模開発に向いたプログラミング言語が主流となる。また開発を効率化するため、ゲームエンジンを用いる開発現場も多い。ゲームエンジンは、ゲーム開発の基本部分をあらかじめ用意したものである。そのため、これまでより短時間で高品質なゲームの開発ができるメリットがある。ゲーム開発のエンジニアになるには、プログラミングのため高級言語を理解し、さらにゲームエンジンも使いこなすスキルが求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です